投資信託 分配金

本日は為替取引というものの基本的事柄に関してのお話です。

外国為替証拠金取引というのは資産を託して、その金額の最大25倍まで国際為替を売買するやり取りになります。

通貨の為替をジャッジして売る側も買う側もどっちもやれるいたって単純なルールになっています。

為替の市場といえば大体国際の為替の事を言うという人が多いです。

為替取引を簡潔に説明すると※自分でお金の送付をしない場合でも資金授受の望みを成し遂げるやり取り※を指します。

FXというのは二つのお金をやり取りし両者の差引額を得られるというような手順になります。

こういった二国の貨幣の関係で出る差益金額をスワップ金利と呼んでいます。

こんな風な外国為替証拠金取引のスワップポイント(スワップ金利)を得ることがねらいで、FXのトレードを行っている人もいるのです。

スワップポイントは、取引業者によっても違いがあるためちょっとでも差益の金額が高い取引業者でトレードしたいものですね。

決まっている銀行預金の少しの利子を貯めるよりも、外国為替証拠金取引(FX)というのは積極的な資産管理を可能にした景気を認識せざるを得ないものとも言えます。

国際の為替といえば国と国の金の交換を行う事です。

真っ当な考え方が出来なくなる。

恐れが生じる。

だから自らの精神が合理的な場面で、きちっと準備する事が不可欠です。

“この””準備””とは、”はじめは自分のシナリオを記す事から始めます。

明日からの投資環境は上がる(または下がる)から円を売買するというように、自分だけの物語を描いていきます。

次にローソク足チャートをチェックする事です。

これまでの為替相場の動きを見つめてすでに買い(または売り)するのがなすすべがないと感じたならばエントリーしないで、その状況ではきっぱりと割り切ることが不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です