投資信託 ブログ

今日は為替市場というものの基本要素とは何かについての説明をしたいと思います。

外国為替証拠金取引(FX)というのはある程度のお金を入金して、そこから最大25倍までの外為を売買することです。

金銭の値をジャッジして売りと買いがどっちも可能になっているいたって単純な作りです。

日常的に為替というと大体国際の為替を言う場合が多いのです。

為替の市場を簡潔に言うと※直接的に金の送金をしなくてもお金のやり取りの目標を為し遂げること※です。

FXでは、二つの異なる国の金を取引することによってその二つの差額を得るといったような流れです。

このような二つの国のお金の関係で作り出される差額をスワップ金利をいうのです。

このようなFXのスワップポイント(スワップ金利)をもらうことが目的でFX(外国為替証拠金取引)の取引をする人もいるらしいです。

スワップ金利はそのFX業者により異なってくるのでできるだけスワップ金利が高いFX業者で取引したいものです。

決まっている銀行預金の少ししかない利息を増やすことを考えるよりも、外国為替証拠金取引というのは積極的な資産の運用を現実のものとした経済の動きを意識させる商品と言えるでしょう。

国際の為替は二つの国の貨幣の取引を示します。

肝心な時にちゃんとした状況判断ができなくなる可能性があります。

だから自分自身の考えが論理的なうちにしっかりと事前準備をしておくことが大切なのだ。

“この””j事前準備””のためには、”自分だけの脚本を記す事から行います。

マーケットはこうなるだろうから米ドルを買う(あるいは売る)みたいな自分なりの台本を書いていきます。

次にローソク足チャートをチェックしましょう。

以前の為替相場の上下動を見極めて、今さら買い(または売り)するのがなすすべがないと思ったならばそこは吹っ切ることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です