投資信託 ブログ

ここは為替の根本的原因の説明をしたいと思います。

FX(外国為替証拠金取引)とは自分で決めた額の担保を渡してそこから最大25倍までの国際の為替を売買可能なやり取りを指します。

通貨の為替を見定めて、売りも買いもどっちもできるようになっているわかりやすい内容です。

通常為替相場というのは主に外国為替を示す事が普通です。

為替の市場とは何かというと※直接持ち金の送らない場合でも金銭授受の行為を達成するやり取り※を言います。

FX(外国為替証拠金取引)というものは二国のお金を売り買いして二国の通貨の差し引きした利益を獲得するといった方策になります。

これら両国の貨幣の関係で生まれる利益をスワップ金利といいます。

このようなスワップ金利の取得をねらいに、FX(外国為替証拠金取引)の取引をやっている人たちも多数います。

スワップ金利は業者それぞれに違うところがあるので少しでもスワップ金利が高い取引業者を使いたいものですね。

固定化された各銀行の高くない利子を運用することを考えるよりも、外国為替証拠金取引とは積極的な資産の増加を現実にする経済情勢を認識するものだろうと言えるでしょう。

外国為替を簡潔にいうと国と国の金の交換をする事です。

往々にして適切な判断が分からなくなるリスクがあります。

それゆえに自分のメンタルが理性的な時に、間違いない事前準備が必要です。

“その””準備””とは、”何はともあれ自分の物語を書くことからスタートする。

今後の投資環境は上がる(または下がる)からユーロを売る(あるいは買う)というような、自分で考えた筋書きを書いていきます。

次は為替チャートをチェックしよう。

以前のレートの上下を見てもはやエントリーするのが手遅れだなと思っていたら売買しないで、そこのところはすっぱりと諦めることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です