投資信託 ブログ

本日は為替取引というもののベーシックな原因についての説明をしたいと思います。

FX(外国為替証拠金取引)というのはいくらかの担保を渡して、その額の最大25倍まで外国為替を売り買いすることができる取引です。

値打ちを見定めて、売買が両方ともできる明快な方法となっています。

通常為替取引は主に国際為替を示すというケースが多いのです。

為替取引とは何かというと※直に金の送金をなすことなく資金のやり取りの望みをクリアすること※を示します。

FX(外国為替証拠金取引)では、二国の通貨をやり取りし両方の通貨の差額を獲得できるといった手法になります。

両国のお金の関係で生まれる差をスワップ金利をいうのです。

このようにスワップ金利を取得することがねらいで外国為替証拠金取引(FX)のトレードを行っている人たちもたくさんいます。

スワップポイントは、取引業者ごとにも異なるのでほんの少しでも差益金額が高い業者でトレードしたい所です。

決まっている銀行の少ししかない利子を増やすことを考えるよりも、外国為替証拠金取引(FX)とはアグレッシブな資産増加を実現できる経済状況を認識できる金融商品だろうと言えます。

国際の為替を簡潔に説明すると二つの国の通貨の取り替えを行う事です。

時としてしっかりとした状況判断ができなくなるリスクがあります。

その分自分の頭が客観的な状況で準備を進めておくことが必要です。

“この””準備””とは、”自分だけの物語を作る事から始めます。

明日からのマーケットはこうなるだろうから、豪ドルを勝負するといった自分で考えた台本を書いていきます。

次に重要なのはローソク足チャートをチェックする事です。

今までのマーケットの値動きを見定めて今さら買い(または売り)するのがなすすべがないと思ったならばエントリーしないで、この状況では潔く割り切ることが肝心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です