投資信託 ファンド の基礎を学ぼう

今日は為替取引というものの本質的事柄に関するお話です。

FX(外国為替証拠金取引)とは決まった金額の資産を預託して、そこから最大25倍もの国際為替を売り買いできる取引のことを指します。

通貨の値を判別して、売る方も買う方も両方できるような単純な作りとなっています。

日常的に為替市場とは大体国際為替を言い表す人が普通です。

為替市場というものは※直接金銭の送付をしない場合でもお金のやり取りの望みを為すこと※を言います。

外国為替証拠金取引は、二種類の貨幣をトレードすることでそれら通貨の差引額を獲得できるというような方法なのです。

このように二国のお金の間で生まれる儲けをスワップ金利と呼びます。

こういった外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)を獲得することがねらいで、外国為替証拠金取引の取引を行っている人もいるのです。

スワップポイントは、業者によっても違うのでほんのわずかでもスワップ金利が高い業者を利用したいものですね。

決まっている銀行預金の高くない利息に頼るよりも、FXは自ら考える資産の運用を現実のものとした経済状況を意識できるものであるとも言えます。

国際の為替を簡潔に説明するとお互いの国の貨幣の引き換えをする事です。

適切な判断が分からなくなる可能性があります。

それだけに自分の論理的な間に間違いない準備を進めておくことが重要です。

“””準備””のためには、”始めに自分なりの筋書きを作成する事から行います。

将来の市場はこうなるだろうから、ランドをエントリーするといった自分の脚本を書いていきます。

次はローソク足チャートを調べましょう。

以前のレートの動きを見つめて、今となっては売り(または買い)するが手遅れだなと思ったならば売買しないで、吹っ切ることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です