投資信託 ファンド の基礎を学ぼう

本日は為替の本質的要因のお話をしたいと思います。

FXとは決まった金額のお金を預け入れてその額から最大25倍もの国際為替を取り替え可能なことです。

金の値を見分けて、売る側と買う側が両方ともできる制度になります。

普通為替の市場というのはおおかた国際の為替のことを言っているという人が普通です。

為替を簡潔に説明すると※目の前で金銭の送金をなすことなくお金のやり取りの意図を達成すること※になります。

FX(外国為替証拠金取引)とは両国のお金をトレードすることによって両方の差し引いた利益をもらえるという仕組みなのです。

この両国のお金の中で出る利益をスワップ金利をいうのです。

この外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)の獲得を目的に、外国為替証拠金取引の為替の取引をする方もいるらしいです。

スワップ金利は、そのFX業者によっても違うところがあるため少しでもスワップポイントが高いFX業者を利用したいものですよね。

固定化されたそれぞれの銀行の少なめの利子に期待するよりも、外国為替証拠金取引(FX)というのは熱心な資産管理を可能にした経済情勢を認識できるものと言っても良いでしょう。

外国の為替とは二つの国の金の換金のことを言います。

往々にして正しい見方ができなくなる可能性があります。

だからこそ自分の考えが冷静な時に準備を進めておくことが大切です。

“””準備””のためには、”最初は己の物語を作る事から手をつけます。

未来の相場は下がる(または上がる)から米ドルを買う(あるいは売る)というふうに自らの筋書きを書いていきます。

次は時間足チャートを見ましょう。

レートの値動きを見極めて、今となっては売買するのがやりようがないと感じたら、仕かけないで、その状況では潔く割り切ることが肝心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です