投資信託選びでいちばん知りたいこと

本日は為替市場における基本要素とは何かについてのエピソードです。

外国為替証拠金取引とはある程度の資金を入金してその額から最大25倍まで国際為替をチェンジ可能な取引を言います。

貨幣の為替相場をジャッジして売りと買いがどちらでも可能になっているいたって単純な方法となっています。

概ね為替というものはほとんど国際の為替の事を言っているという事がほとんどです。

為替相場というのは※人の手で金の送らない場合でも資金授受の行為を為すやり取り※なのです。

外国為替証拠金取引というのは二種類のお金を交換をして両方の通貨の差額を儲けるという手法となります。

このように二つの異なる国の貨幣の関係で発生する差益金額をスワップ金利といいます。

FX(外国為替証拠金取引)のスワップポイントを得ることを目当てに、為替の取引をやっている方もたくさんいるようです。

スワップポイントは、そのFX業者により違うのでちょっとでもスワップポイントが高い業者でトレードしたいですね。

固定された銀行のわずかな利息を増やすことよりも、外国為替証拠金取引は積極的な資産管理を現実にした経済状況を意識する商品と言えます。

外国の為替を簡潔に説明すると国と国の貨幣の引き換えをする事です。

時にはしっかりとした見方ができなくなるリスクがあります。

そのために自らの頭が理性的な間に正しく事前準備が重要です。

“””準備””のためには、”最初はあなただけの台本を作成する事からスタートする。

この通貨はこうなるだろうから、NZドルを売る(あるいは買う)というように自分の物語を描いていきます。

次に大切なのはローソク足チャートを確認しましょう。

それまでの相場の値動きを確認して、もう買い(または売り)するのがやりようがないと考えたならば、何もせず、そこのところはすっぱりと割り切ることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です