投資信託及び投資法人に関する法律

本日は為替の市場についての基本的要素に関しての説明です。

FX(外国為替証拠金取引)とはある程度の担保を預けてその額から25倍もの外国為替を交換可能なものを言います。

金銭の価値を判別して、売る側も買う側も両方とも可能ないたって明快な方法です。

普段為替の市場というものはたいてい国際の為替のことを示すというケースが大半です。

為替相場とは何かというと※自分がキャッシュの送金をすることなくお金のやり取りの行為を為す取引※です。

FXとは二つの国のお金を売り買いすることでその差し引いた利益を獲得できるといったような手順となります。

こういった二つの異なる国の通貨の中で作り出される差益金額をスワップ金利と呼びます。

こうしたスワップポイント(スワップ金利)をもらうことを目的に為替の取引をやっている方も多いです。

スワップ金利はそのFX業者により異なってくるためほんの少しでも差益の金額が高い取引業者でやり取りしたいと思います。

あまり変わらないそれぞれの銀行の少しの利子に期待するよりも、外国為替証拠金取引(FX)というのは自ら考える資産運用を可能にする経済の変動を認識する商品であるとも言えるでしょう。

国際為替を簡潔に説明すると国同士の貨幣の換金のことを示します。

時には冷静な考え方が出来なくなる。

可能性があります。

だから己の考え方が理性的な間に適切に準備をしておくことが大切なのだ。

“その””準備””とは、”最初は自らの筋書きを記す事から手をつけます。

これからのマーケットは上がる(または下がる)から、NZドルを売る(あるいは買う)というようなあなたなりのストーリー展開を考えていきます。

その次は為替チャートを見ましょう。

今までの市場の値動きを見極めてもうエントリーするのが遅いと思ったら何もしないで、きっぱりと割り切ることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です