投資信託及び投資法人に関する法律

本日は為替市場に関するベーシックな理由に携わるエピソードです。

外国為替証拠金取引というのは決まった金額の資産を預け入れてその額から25倍もの国際為替を売り買いするもののことを指します。

金銭の値を見分けて売る側も買う側も両方ともできるような簡単な制度になっています。

為替の市場というと外国の為替のことを表すという場合がほとんどです。

為替相場を簡潔に言うと※直にお金の送付をしない場合でも資金のやり取りの目的を為す取引※です。

外国為替証拠金取引では、二つの国の通貨を取引してそれら通貨の差し引きした利益を受け取れるといったような方法なのです。

こうした二国の通貨の中で生み出される差益金額をスワップ金利と呼びます。

このようなFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利を得ることが目当てでFX(外国為替証拠金取引)の為替取引をやっている方々も多数います。

スワップポイントはそのFX業者それぞれに違うところがあるためできるだけスワップ金利が高い取引業者を使いたい所ですよね。

ある程度決まった各銀行の低い利息に頼るよりも、FX(外国為替証拠金取引)は積極的な資産管理を実現できる経済状況を認識せざるを得ない商品であるとも言えます。

外国の為替というのはお互いの国の金銭の取引のことを指します。

重要な時に正しい見方がわからなくなる可能性があります。

そのために自らの合理的な場面で正しく準備を進めておくことが大切です。

“この””j事前準備””のためには、”最初はあなただけの筋書きを記す事からスタートします。

この先の相場はああだから、この外貨を売る(あるいは買う)みたいに、あなたなりの物語を描いていきます。

その次は時間足チャートをチェックする事です。

以前のマーケットの推移を確認して今はもうエントリーするのが遅いと感じたならば、何もしないで、そこはすっぱりと割り切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です