投資信託協会

今回は為替についての基本的要因についてのお話です。

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった額の資金を預けて、その額から最大25倍まで為替を売り買い可能なもののことを言います。

金銭の為替をジャッジして、売る方も買う方もどちらも可能な取引しやすいルールになっています。

一般的に為替というと外国の為替について言っているという場合が普通です。

為替取引というものは※直にお金の送金しない場合でも金銭のやり取りの意図を成し遂げる取引※を指します。

外国為替証拠金取引(FX)とは二つの金を売買しそれらの差し引きした利益を得るという仕組みとなります。

このように両国の金の関係で出る差益の金額をスワップ金利と呼びます。

この外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)を獲得することが目当てで外国為替証拠金取引の為替の取引を行っている人もいるらしいです。

スワップ金利は取引するFX業者ごとにも違いがあるためほんのわずかでも儲けが多いFX業者を使いたいと思います。

ある程度決まったそれぞれの銀行の少ししかない利息を運用することを考えるよりも、外国為替証拠金取引とは自ら考える資産の増加を現実のものとした経済情勢を認識できる金融商品であろうと言えるでしょう。

外国の為替を簡潔に説明すると二つの国の通貨の取引のことを言います。

状況によっては適切な判断が出来なくなる恐れが生じる。

それだけにあなたの考え方が論理的な間にちゃんとした準備を進めておくことが大切なのだ。

“その””準備””とは、”始めに自らの脚本を記す事からスタートします。

今後のこの通貨はこうだからこの外貨を買う(あるいは売る)といった、自分で考えた脚本を書いていきます。

その次はローソク足チャートを確認しましょう。

これまでの為替相場の上げ下げを見極めて、もう買い(または売り)するのが手遅れだなと考えたならば、手を出さないで、その場面ではきっぱりと割り切ることが肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です