投資信託協会

今日は為替相場に関しての本質的要素に関するエピソードです。

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった金額の資産を預け入れて、その額から25倍もの国際の為替を取り替え可能なもののことです。

お金の値をジャッジして売る方と買う方がどちらもやれる単純な内容です。

日常的に為替相場というものはおおかた国際の為替について言い表す事がほとんどです。

為替の市場は※自分が現金の送金をなすことなく金銭の受け渡しの望みを遂げる取引※を示します。

外国為替証拠金取引というのは二つの国の貨幣を売買することによってそれら通貨の差額の利益を得るという方式です。

二つのお金の中で発生する差をスワップ金利といっています。

こんな風にスワップ金利をもらうことが目的で、FX(外国為替証拠金取引)の為替取引をしている方々もいます。

スワップポイントは業者によって異なるのでちょっとでも差益金額が高いFX業者でトレードしたいと思います。

ある程度決まった銀行預金の少しばかりの利息に頼るよりも、FXというのは熱心な資産運用を現実にする経済の変動を認識する金融商品であろうと言えるでしょう。

外為というものは二つの国の金の換金をする事です。

時々正しい判断が分からなくなる恐れが生じる。

だから自らの精神が客観的なうちに、しっかりと事前準備が大切なのだ。

“その””準備””のためには”始めに自分なりのシナリオを記す事から行います。

この先の為替相場はこうだから豪ドルを売る(あるいは買う)というふうに自分だけの物語を描いていきます。

次に大事なのはチャートを調べましょう。

これまでの市場の上下動を見て今はもうエントリーするのが間に合わないなと考えたならば、エントリーしないで、そこのところは潔く吹っ切ることが肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です