投資信託協会

この度は為替取引についての基本的原因に関しての説明をしたいと思います。

FXというのは自分で決めた額のお金を入金してその金額の最大25倍もの外国為替を売買可能なものを指します。

貨幣の値打ちを見極めて売買がどっちでもできるような仕組みとなっています。

一般的に為替相場というとたいてい国際の為替を表す場合がほとんどです。

為替取引とは何かというと※直接的に金の送付をしなくても資金授受の行為を遂げるもの※です。

FX(外国為替証拠金取引)とは、二つの貨幣をトレードしその二つの差し引いた利益を受け取れるとの方法です。

このような二つの異なる国のお金の関係で出てくる差益の金額をスワップ金利といっています。

こういったFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利の取得が目的で、外国為替証拠金取引の為替トレードを行っている人たちもいるのです。

スワップ金利は取引業者によっても違うところがあるのでほんのわずかでもスワップポイントが高い業者で取引したいと思います。

固定化されたそれぞれの銀行の低い利息に期待するよりも、外国為替証拠金取引はアグレッシブな資産の増加を現実のものとした経済を認識せざるを得ないものだろうと言えるでしょう。

外為は国と国の貨幣の引き換えを行う事です。

状況によっては真っ当な判断が出来なくなる危険があります。

そのために考え方が落ち着いている段階で準備する事が大切なのだ。

“””事前準備””するためには、”自らの筋書きを書くことから開始します。

未来の相場はこうなってああなるから豪ドルを売る(あるいは買う)というように自分で考えた台本を書いていきます。

その次はチャートをチェックする事です。

これまでのマーケットの上下を確認してすでにエントリーするのが遅いと考えたならば、何もせず、そこのところはあきらめることか肝心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です