投資信託協会

今回は為替の本質的事柄とは何かについてのエピソードです。

外国為替証拠金取引というのは自分で決めた額の資産を預けて、そこから最大25倍までの国際為替を売り買い可能なやり取りになります。

価値を見分けて売る方と買う方がどっちもできるいたって明快な制度です。

よく為替の市場とは大体外国為替について言及する場合が一般的です。

為替取引というのは※直接的に現金の送らないでも資金授受の望みをクリアするやり取り※になります。

外国為替証拠金取引では、二種類のお金をトレードをして両方の差し引いた利益をもらうといったような仕組みとなります。

この二種類の金の間で生み出される差益の金額をスワップ金利といっています。

このようにFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)の獲得を目当てに外国為替証拠金取引(FX)の為替取引を行っている人もいるのです。

スワップ金利は、FX業者によっても違いがあるため少しでもスワップ金利が高い業者を使いたいと思います。

あまり変動しない銀行預金の少しの利息よりも、FXは熱心な資産の管理を現実にする経済の動きを認識せざるを得ない商品だろうと言えるでしょう。

外為を簡潔にいうとマネーの換金のことを示します。

時々適切な判断が分からなくなる可能性があります。

そのために自分の頭が合理的な状況で間違いない事前準備が重要です。

“””事前準備””するためには、”何はともあれストーリー展開を作る事から行います。

明日からのこの通貨はこうなってああなるからランドを買う(あるいは売る)というように、自分なりの台本を書いていきます。

次に重要なのはローソク足チャートをチェックする事です。

以前の市場の上下動を見極めてすでに売買するのが間に合わないなと感じたならば、何もしないで、その状況ではきっぱりと諦めることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です