投資信託協会 規則

本日は為替の基本的内容に携わるお話をします。

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった額の資産を預託して、その金額から最大25倍もの外国の為替をトレードできるものを言います。

価値を判断して売る方も買う方も両方とも可能な簡単な作りなのです。

一般的に為替市場というものは外国為替を表すという事が多いです。

為替を簡潔に言うと※目の前でお金の送金しない場合でもお金の受け渡しの目的を為すもの※を指します。

外国為替証拠金取引では二種類の金をやり取りし両者の差額の利益を儲けられるという方策となります。

こうした二種類のお金の間で作り出される差をスワップ金利と呼ぶのです。

この外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)の獲得を目的に、FXの為替の取引を行っているみなさんも多数います。

スワップ金利は、そのFX業者ごとに違いがあるためほんの少しでも利益が多い業者でやり取りしたいですね。

あまり変動しないそれぞれの銀行の低い利子を貯めるよりも、外国為替証拠金取引(FX)は熱心な資産の運用を可能にした経済状況を認識できるものであると言えるでしょう。

外国の為替を簡潔にいうと二国間の貨幣の交換をする事です。

時としてしっかりとした状況がわからなくなるリスクがあります。

だからこそ自分自身の頭が冷静な時に、しっかりと準備を進めておくことが不可欠です。

“その””準備””とは、”最初は自分だけの物語を描くことからスタートします。

今からのマーケットはこうだから、ユーロを取引するみたいな自らの筋書きを書いていきます。

次に大切なのはローソク足チャートをチェックしよう。

これまでの相場の動きを見極めて、今となっては売り(または買い)するがやりようがないと思ったならば、エントリーしないで、この場面ではきっぱりと吹っ切ることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です