投資信託協会 基準価格

本日は為替相場に関しての本質的事柄に携わるエピソードです。

外国為替証拠金取引というのは決まった額の金額を入金してその最大25倍もの外国の為替をトレードできるやり取りのことです。

金の価値を見極めて売る方も買う方も両方可能なシンプルな作りです。

為替取引といえばたいてい外国の為替の事を指すという事が多いのです。

為替市場を簡潔に言うと※直接金銭の送金しない場合でも金銭授受の意図を実現するもの※を指します。

外国為替証拠金取引というのは二つの国の通貨を売り買いして両者の差額を儲けるというような手順になります。

このような二国の金の間で発生する差益の金額をスワップ金利をいうのです。

このスワップ金利(スワップポイント)の取得が目的で、外国為替証拠金取引(FX)のトレードをしている人もいるのです。

スワップポイントは取引するFX業者それぞれで違うので少しでもスワップ金利が高い取引業者を使いたいですね。

ある程度決まったそれぞれの銀行の少しばかりの利息を運用することよりも、外国為替証拠金取引(FX)は外交的な資産増加を現実のものとする経済情勢を意識せざるを得ない金融商品であると言えるでしょう。

国際の為替とは二つの国の貨幣の換金のことです。

重要な時に真っ当な判断を下せなくなる不安があります。

そのために自らの精神が客観的な状況で、準備を進めておくことが大切です。

“この””準備””とは、”まずは自分のストーリー展開を記す事から開始します。

この先の投資状況はこうだからランドをエントリーするというようなストーリー展開を考えていきます。

次に大切なのは日足チャートを確認しましょう。

過去の市場の上がり下がり確認してもはや取引するのが遅すぎるなと考えたならば、何もしないで、きっぱりと割り切ることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です