投資信託協会 基準価格

本日は為替市場の基本事柄に関しての話題です。

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった額の金額を預けてそこから25倍もの外国の為替をトレードできる取引のことです。

金銭の為替相場を判断して売る側と買う側が両方ともできる簡単な方法になります。

普通為替は主に外国為替について言っているケースが多いです。

為替の市場とは何かというと※直接キャッシュの送らない場合でも金銭の受け渡しの行為を成し遂げる取引※なのです。

FX(外国為替証拠金取引)では二つの金を売り買いしてそれら通貨の差額を獲得できるといったようなやり方なのです。

これら二つの金の中で生まれる差をスワップ金利をいうのです。

こうした外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利の獲得が目当てで、外国為替証拠金取引の為替の取引をする人もいるらしいです。

スワップポイントは、FX業者それぞれに違うところがあるためちょっとでもスワップ金利が高い取引業者を使いたいものですよね。

あまり変動しない銀行預金の少しの利子を増やすことを考えるよりも、FX(外国為替証拠金取引)とは熱心な資産の増加を現実のものとする経済の変動を意識せざるを得ない商品と言っても良いでしょう。

国際の為替は国と国のマネーのやり取りを指します。

冷静な見方ができなくなるリスクがあります。

それゆえに自分の精神が論理的なうちにちゃんとした準備を進めておくことが大切です。

“””事前準備””するためには、”始めに自分だけの脚本を書くことから行います。

この先のマーケットはこうだから、米ドルを取引するというふうに、自分だけの脚本を書いていきます。

次に日足チャートを調べましょう。

それまでのレートの上げ下げを見定めてもう取引するのがなすすべがないと考えたならばこの状況ではきっぱりと諦めることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です