投資信託協会 会長

今回は為替の市場におけるベーシックな原因の説明をします。

外国為替証拠金取引(FX)とはいくらかの資産を渡してその額の最大25倍までの外国為替をトレードする取引のことを指します。

金の値打ちを判断して、売る方も買う方も両方できるようになっている明快なルールになります。

概ね為替取引とはたいてい国際の為替について言及するという事が普通です。

為替の市場というのは※直接的にキャッシュの送金をすることなく資金のやり取りの行為をクリアするもの※になります。

FXというものは、二種類の金を売り買いし差益を得るというような流れとなります。

これら二国のお金の中で作り出される差額をスワップ金利をいうのです。

こんな風にFXのスワップ金利の獲得が目的で、外国為替証拠金取引の為替取引をやっているみなさんもいるらしいです。

スワップ金利は、そのFX業者ごとにも違う点があるのでわずかでも高い業者でトレードしたい所です。

決められたそれぞれの銀行の低い利息を増やすことを考えるよりも、FX(外国為替証拠金取引)というのは外交的な資産の運用を可能にする経済状況を認識できるものだろうと言えます。

外国の為替を簡潔に説明するとマネーの引き換えのことを言います。

時々真っ当な状況判断ができなくなる恐れが生じる。

だからこそ己の精神が客観的な時に、ちゃんとした準備する事が大切です。

“その””準備””とは、”始めにあなただけの台本を作成する事からスタートします。

この先の市場はこうなるだろうから、ユーロを取引するというように、自分で考えた物語を描いていきます。

その次は時間足チャートをチェックしよう。

今までのマーケットの上下動をチェックして、もはやエントリーするのが手遅れだなと考えたらそこはあきらめることか大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です