投資信託協会 会長

ここでは為替の市場に関する基本的要因に携わるお話をします。

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった金額の金額を預けて最大25倍もの外国の為替を売買することができるやり取りを言います。

貨幣の値打ちを判別して売りも買いもどちらもできる簡単なルールとなっています。

通常為替市場というとたいてい国際の為替を指す人が大半です。

為替とは※直接持ち金の送金しない場合でもお金のやり取りの意図をクリアすること※を言います。

外国為替証拠金取引のやり方は、二つの国の通貨を売買をして両者の差益を獲得するといったような方法なのです。

これら二国のお金の中で生まれる利益をスワップ金利をいうのです。

この外国為替証拠金取引のスワップ金利の取得をねらいに外国為替証拠金取引の取引をする方も多数います。

スワップ金利はそのFX業者によっても違うところがあるのでほんのわずかでも儲けが多い取引業者で取引したいものですね。

ある程度決まった銀行の低い利子を運用することよりも、外国為替証拠金取引というのは積極的な資産運用を可能にする経済を意識せざるを得ないものだろうと言っても良いでしょう。

外国為替を簡潔に説明するとお互いの国のお金のやり取りを指します。

状況によってはしっかりとした判断を下せなくなる不安があります。

だからこそ自分自身の合理的な場面で、きちっと事前準備が大事です。

“””事前準備””するためには、”始めに自分だけのシナリオを書くことから行います。

これからのあの通貨はこうなるだろうから、米ドルを取引するというふうに、自分だけのストーリー展開を考えていきます。

次に日足チャートを見ましょう。

今までの為替相場の上がり下がりチェックしてもうしかけるのが遅いと考えたら、売買しないで、この状況ではすっぱりと割り切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です