投資信託協会 会長

今日は為替市場というもののベーシックな要素についての説明をしたいと思います。

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった金額のお金を託して最大25倍もの国際為替をトレードするやり取りのことを指します。

貨幣の為替を判別して売る側と買う側がどっちも可能な取引しやすい作りなのです。

概ね為替相場というのは主に外国の為替のことを言う事がほとんどです。

為替相場というのは※人の手で金の送付をしなくても資金授受の目的を達成すること※です。

FX(外国為替証拠金取引)というのは、二国の金をやり取りすることで両方の通貨の差額を儲けられるといったような仕組みになります。

こういった二国の通貨の関係で発生する利益をスワップ金利といっています。

こんな風なFXのスワップ金利を獲得することをねらいに外国為替証拠金取引の為替取引をする人々もたくさんいるようです。

スワップ金利はFX業者ごとで違う点があるのでできるだけ高い業者を利用したいものですね。

決められたそれぞれの銀行の低い利子を運用することよりも、FX(外国為替証拠金取引)はアグレッシブな資産運用を現実のものとした経済状況を意識せざるを得ない金融商品だと言えます。

外国の為替といえば二つの国の金銭のやり取りのことです。

肝心な時に適切な状況がわからなくなる恐れが生じる。

その分あなたの冷静なうちに適切に準備を進めておくことが不可欠です。

“その””準備””のためには”はじめは自らのシナリオを作成する事からスタートする。

将来のあの通貨はこうだからこの外貨を買う(あるいは売る)といった自分で考えたシナリオを立てていくのだ。

次に時間足チャートをチェックしよう。

それまでのマーケットの推移を見定めてすでに売買するのが遅いと感じたら、仕かけないで、そこは潔く吹っ切ることが不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です