投資信託協会 会長

今日は為替市場に関しての根本的原因についての話題です。

外国為替証拠金取引とは決まった金額の資産を預託して最大25倍もの外為を売り買いできるもののことです。

金銭の為替を見分けて、売る側も買う側もどちらでも可能になっている取引しやすい仕組みになります。

為替の市場はほとんど外為の事を示すという事が多いです。

為替市場を簡潔に言うと※直接的に金の送付をしなくてもお金の受け渡しの望みを成し遂げる取引※を示します。

外国為替証拠金取引(FX)とは両国の貨幣をトレードしそれらの差益を儲けられるとの流れになります。

二つの国の貨幣の間で作り出される儲けをスワップ金利と呼ぶのです。

こんな風なスワップポイントの獲得を目当てに、FX(外国為替証拠金取引)の為替トレードをする方もたくさんいます。

スワップ金利は、そのFX業者によって違ってくるのでわずかでも儲けが多い取引業者でトレードしたいものですよね。

固定された銀行預金の少ししかない利息に期待するよりも、FX(外国為替証拠金取引)はアグレッシブな資産管理を実現させる経済を認識できるものであると言えます。

国際為替は国同士の通貨の交換をする事です。

重要な時に適切な見方が出来なくなる。

恐れが生じる。

そのために自分自身の考え方が冷静な場面できちっと準備が大切です。

“””事前準備””とは、”自分なりのシナリオを作る事から開始します。

今後のあの通貨はああだから豪ドルを売る(あるいは買う)みたいな自らのストーリー展開を考えていきます。

次は為替チャートをチェックしよう。

以前のレートの上がり下がり見極めてすでに取引するのが手遅れだなと考えたならば、何もしないで、その場面では潔く割り切ることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です