投資信託協会 会長

この度は為替市場のベーシックな要素についてのエピソードです。

外国為替証拠金取引とは自分で決めたお金を預け入れて、その金額から最大25倍もの為替をチェンジ可能なやり取りになります。

金銭の値打ちを判断して売買が両方やれる簡単なやり方となっています。

通常為替というとあらかた国際為替のことを言い表す人が大半です。

為替取引を簡潔に言うと※目の前でお金の送金しない場合でも資金授受の趣旨を成し遂げる取引※を示します。

FXというのは二国の通貨をやり取りし両方の差額を得るといった手法です。

この二つの国のお金の関係で生み出される差額をスワップ金利と呼びます。

こんな風にFXのスワップ金利の獲得をねらって、FX(外国為替証拠金取引)のトレードを行っている方々もたくさんいます。

スワップ金利は、そのFX業者ごとにも異なってくるためほんの少しでも差益の金額が高いFX業者を利用したいですよね。

あまり変動しない銀行の少しばかりの利子に頼るよりも、外国為替証拠金取引というのは自ら考える資産運用を現実にする経済を認識させる商品であろうと言えるでしょう。

外為といえば二つの国の金の取り替えをする事です。

肝心な時に適切な考え方が出来なくなる。

リスクを負います。

その分頭が論理的な間に、事前準備が大事です。

“この””j事前準備””のためには、”まずは自分の筋書きを考える事からスタートする。

未来の市場はこうなるだろうから、豪ドルを売る(あるいは買う)みたいな、ストーリー展開を考えていきます。

その次は相場をチェックする事です。

それまでのレートの上下動を確認して、今となってはエントリーするのが間に合わないなと考えたならば何もしないで、きっぱりと割り切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です