投資信託協会 会長

為替市場における本質的要因に関してのお話をしたいと思います。

FX(外国為替証拠金取引)というのは決まった額の金額を託して、その最大25倍まで外為を交換するやり取りを指します。

価値を見極めて売りも買いもどちらもできるわかりやすい方法となっています。

通常為替相場というものは外国の為替について言っている事が大半です。

為替の市場とは何かというと※自分で現金の送金しない場合でもお金のやり取りの目標を為し遂げること※を指します。

FXは両国のお金を取引することによって二国の通貨の差し引きした利益を受け取るといったような方策となります。

これら二つの異なる国の貨幣の間で発生する差益金額をスワップ金利をいうのです。

こんな外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイントを得ることを目当てに、外国為替証拠金取引のトレードをする人もたくさんいるようです。

スワップ金利は、取引業者それぞれで異なるのでできるだけ儲けが多い業者でやり取りしたい所です。

あまり変わらない銀行の少ない利息を貯めるよりも、外国為替証拠金取引(FX)とは熱心な資産管理を現実にする経済の変動を意識させる金融商品と言えるでしょう。

外国の為替を簡潔にいうと両国の金銭の取り替えのことを示します。

重要な時に適切な判断を下せなくなる不安があります。

それだけに自身の考え方が冷静な段階で間違いない準備をしておくことが重要です。

“””事前準備””とは、”とにかく自分なりの脚本を考える事から手をつけます。

これからの投資状況はこうなってああなるからランドを売る(あるいは買う)みたいに自分だけのストーリー展開を考えていきます。

次に重要なのは時間足チャートを見ましょう。

今までの為替レートの上げ下げを見定めてもう買い(または売り)するのが遅いと思ったら何もしないで、その場面では諦めることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です