投資信託協会 会員

今日は為替取引におけるベーシックな内容に携わるお話です。

FX(外国為替証拠金取引)とは証拠金を預託してその金額から最大25倍までの為替をチェンジすることができる取引のことを指します。

為替相場を判断して、売る側も買う側も両方できるような単純な制度になっています。

概ね為替相場はたいてい外為を言い表すという人が普通です。

為替相場を簡潔に言うと※人の手で金銭の送金をしなくても資金のやり取りの望みを為し遂げること※を指します。

外国為替証拠金取引では金を取引することで両方の通貨の差し引きした利益を獲得するという方式です。

こうした二つの通貨の関係で生み出される差をスワップ金利と呼ぶのです。

こんなFXのスワップ金利の取得を目的に、外国為替証拠金取引(FX)の取引を行っている人も多いです。

スワップポイントは取引するFX業者それぞれで違ってくるのでわずかでもスワップポイントが高いFX業者で取引したいと思います。

固定化されたそれぞれの銀行の低い利息を運用することを考えるよりも、FX(外国為替証拠金取引)とは自ら考える資産増加を現実にする景気を認識させる金融商品と言えるでしょう。

外為といえば貨幣の取引のことです。

往々にして正しい状況判断ができなくなるリスクを負います。

それだけに自分自身のメンタルが客観的な場面で適切に準備が大切なのだ。

“この””j事前準備””のためには、”始めに自らのストーリー展開を作成する事からスタートする。

明日からのマーケットはああだからユーロを勝負するというふうに自分なりのシナリオを立てていくのだ。

次に重要なのはローソク足チャートをチェックしよう。

今までの為替相場の値動きを見極めて、今となっては取引するのがなすすべがないと感じたらここは潔く諦めることが肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です