投資信託協会 ホームページ

今日は為替に関しての根本的内容に携わる説明をしたいと思います。

FX(外国為替証拠金取引)とはある程度の額のお金を渡して、その金額から最大25倍もの外為を売買するものです。

貨幣の価値を見極めて、売る方も買う方もどっちでもできるような単純な作りになっています。

日常的に為替の市場といえばほとんど外国為替の事を言及するという場合が普通です。

為替相場を簡潔に説明すると※直に金の送付をしない場合でも金銭の受け渡しの意図を実現するもの※になります。

FX(外国為替証拠金取引)とは金を売買しその差し引きした利益を得られるという仕組みになります。

こういった二国の金の中で出てくる差額をスワップ金利といっています。

こういったFXのスワップ金利(スワップポイント)を獲得することをねらいに外国為替証拠金取引の取引をしている人々も多数います。

スワップ金利は、FX業者によっても違う点があるためほんのわずかでも差益の金額が高い業者を使いたい所です。

固定の各銀行の高くない利息に期待するよりも、外国為替証拠金取引とは積極的な資産運用を現実のものとした経済の動きを意識せざるを得ない商品だろうと言っても良いでしょう。

外国為替は国同士の貨幣の取引を行う事です。

時には冷静な判断が出来なくなるリスクを負います。

だから自分自身の考え方が客観的な段階で間違いない事前準備が大事です。

“その””準備””とは、”始めに自分なりの台本を記す事から開始します。

これからのマーケットはこうなるだろうからユーロを売買するというような自分で考えた台本を書いていきます。

次に重要なのは時間足チャートを確認しましょう。

それ以前の相場の推移を調べて今さら売り(または買い)するが遅すぎるなと思ったならば何もせず、この場面ではきっぱりとあきらめることか必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です