投資信託協会 ホームページ

この度は為替取引についての基本的事柄に関しての話題です。

外国為替証拠金取引(FX)というのは資金を預け入れてその金額の25倍もの為替を売り買いするもののことを言います。

金銭の為替を判断して、売りと買いがどっちでも可能な制度なのです。

為替の市場とはほとんど国際為替のことを指す事が普通です。

為替は※直接持ち金の送付をしない場合でも金銭授受の望みを為すやり取り※です。

FXというのは、二つの国の貨幣をやり取りしてその差額の利益を得られるといった方法となります。

こうした二つの金の関係で生み出される差額をスワップ金利と呼ぶのです。

こんな風なスワップポイントの獲得を目当てに取引をやっている人々もいるようです。

スワップポイントは、取引するFX業者によっても違うのでわずかでもスワップポイントが高い取引業者を利用したいですよね。

あまり変動しない各銀行のわずかな利息を運用することよりも、外国為替証拠金取引というのは外交的な資産運用を現実にする景気を認識できるものであるとも言っても良いでしょう。

外国為替といえば両国のマネーのやり取りをする事です。

往々にしてしっかりとした判断が分からなくなる危険があります。

だからこそ自分の考え方が論理的な時に正しく準備する事が重要です。

“その””準備””とは、”始めにあなたの筋書きを作成する事から手をつけます。

将来の市場はこうなるだろうから、この外貨を勝負するみたいに自らのシナリオを立てていくのだ。

その次はローソク足チャートを見ましょう。

為替相場の上げ下げを調べてすでに売り(または買い)するがなすすべがないと感じたら、エントリーしないで、この状況では潔くあきらめることか大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です