投資信託協会ライブラリー

本日は為替取引というものの本質的原因に関しての説明です。

FX(外国為替証拠金取引)とは一定額の証拠金を預けて、そこから最大25倍までの外為をトレードできるやり取りのことです。

お金の為替相場を判別して、売る側も買う側も両方とも可能な方法になります。

普段為替の市場というとおおかた外国為替について言い表すケースがほとんどです。

為替の市場を簡潔に言うと※自分がお金の送付をしなくてもお金の受け渡しの趣旨を実現すること※を指します。

外国為替証拠金取引(FX)とは二つの国の通貨を交換することにより差し引きした利益を得られるというような方式になります。

このような両国の金の中で生み出される差益金額をスワップ金利と呼んでいます。

このようなスワップポイントで儲けることをねらってFXの取引を行っている人もいます。

スワップ金利は、そのFX業者それぞれで異なるので少しでもスワップ金利が高いFX業者を利用したいと思いますよね。

銀行のわずかな利子を貯めるよりも、FXとは熱心な資産の運用を現実にした経済の動きを意識できる商品であるとも言っても良いでしょう。

外国の為替を簡潔にいうとお金の引き換えを指します。

肝心な時にしっかりとした判断が分からなくなる危険があります。

その分自分自身のメンタルが冷静な状況で、ちゃんとした準備を進めておくことが大切なのだ。

“””事前準備””するためには、”最初はあなただけのストーリー展開を考える事から開始します。

未来のあの通貨はこうなってああなるから、米ドルを買う(あるいは売る)というように、自分で考えた台本を書いていきます。

次は時間足チャートを確認しましょう。

これまでのレートの上下を確認してもはや売買するのが遅すぎるなと思ったならば何もしないで、そこのところはすっぱりとあきらめることか大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です