投資信託協会コード

今回は為替相場の基礎的事柄に携わるお話です。

外国為替証拠金取引というのはある程度の額の資産を託して、その金額の最大25倍まで国際の為替をチェンジすることができるもののことを指します。

お金の相場を判別して売る側も買う側もどっちでもできるような明快なルールになっています。

通常為替の市場は主に外国為替について示すという場合が多いのです。

為替を簡潔に説明すると※自分でキャッシュの送付をしなくても金銭のやり取りの意図を達成する取引※を示します。

FX(外国為替証拠金取引)というのは、二つの異なる国の貨幣を取引することによって両者の差し引いた利益を得るといったような仕組みとなります。

この二つの貨幣の中で作り出される儲けをスワップ金利をいうのです。

このような外国為替証拠金取引のスワップ金利を獲得することが目的で為替トレードをやっている人も多いです。

スワップ金利は、FX業者によって異なるのでほんの少しでもスワップ金利が高い取引業者でトレードしたいものですね。

固定の銀行の少しの利子を増やすことよりも、FX(外国為替証拠金取引)というのは外交的な資産管理を現実のものとした経済の変動を認識する金融商品だと言えます。

国際為替を簡潔に説明すると両国の貨幣のやり取りのことです。

状況によっては適切な考え方が出来なくなる。

危険があります。

だからこそ自分自身の精神が冷静な間に、ちゃんとした事前準備が不可欠です。

“””事前準備””とは、”とにかく自分だけの物語を作る事からスタートする。

この先の相場はこうだから円を買う(あるいは売る)といったあなただけのストーリー展開を考えていきます。

次にローソク足チャートをチェックしましょう。

以前の為替相場の動きをチェックして、今となっては売買するのがやりようがないと思ったら、エントリーしないで、その場面ではすっぱりと割り切ることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です