投資信託はこの9本から選びなさい

今回は為替市場というもののベーシックな事柄に関してのお話をしたいと思います。

FXとは決まった金額の担保を預け入れて、その金額から最大25倍まで外国の為替を取り替えするもののことを言います。

お金の為替を見定めて売る側と買う側がどちらもできるようないたって単純な仕組みとなっています。

通常為替相場は大体国際の為替を言うケースがほとんどです。

為替の市場とは何かというと※直にお金の送らない場合でも資金授受の趣旨を成し遂げる取引※を言います。

外国為替証拠金取引(FX)では二つのお金をやり取りすることで差額を儲けられるというような手法なのです。

これら二つの国のお金の間で出る差額をスワップ金利をいうのです。

このようなスワップ金利を得ることを目当てに、FX(外国為替証拠金取引)の取引をしているみなさんもいるようです。

スワップポイントは業者によって異なってくるのでほんのわずかでも儲けが多い業者で取引したいものですね。

決められた銀行預金のわずかな利息に頼るよりも、FXというのはアグレッシブな資産運用を実現させる経済情勢を認識させる金融商品と言っても良いでしょう。

外国の為替とは国と国の金銭の取引を示します。

時として真っ当な判断が出来なくなる恐れが生じる。

だから自分の論理的な場面で正しく準備が大切です。

“””事前準備””するためには、”自分だけの脚本を作成する事から始めます。

今後のあの通貨はこうなるだろうからNZドルを売る(あるいは買う)というような、あなたなりの脚本を書いていきます。

次に大切なのは時間足チャートを確認しましょう。

それ以前のレートの上げ下げを調べて、すでに取引するのが間に合わないなと思っていたら、手を出さないで、この状況ではきっぱりと割り切ることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です