投資信託の法務と実務第4版

ここでは為替における根本的要因とは何かについての話題です。

FX(外国為替証拠金取引)というのはある程度の額の金額を託してそこから25倍もの国際の為替を売買できることのことを指します。

金銭の相場を見分けて売買がどっちもできるようないたって明快な内容です。

日常的に為替というのはあらかた外国の為替について指すという事が普通です。

為替市場というものは※直にキャッシュの送付をしなくても資金授受の意図を為すやり取り※を言います。

FX(外国為替証拠金取引)というものは、二つの国の通貨を取引することで差額の利益を獲得できるという方式です。

このように二つの異なる国の貨幣の間で生まれる差額をスワップ金利といっています。

こんな風な外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利をもらうことが目的で取引を行っている方もいるのです。

スワップポイントは取引するFX業者によって違ってくるのでほんのわずかでも差益の金額が高いFX業者でトレードしたいと思いますよね。

ある程度決まったそれぞれの銀行の少しの利息を運用することを考えるよりも、外国為替証拠金取引は積極的な資産の運用を実現させる経済の動きを認識させる金融商品であろうと言っても良いでしょう。

外国為替を簡潔にいうと国同士のお金の引き換えのことを言います。

肝心な時にちゃんとした状況判断ができなくなる可能性があります。

それゆえに自分自身の頭が落ち着いている状況できちっと準備する事が必要です。

“””準備””のためには、”最初はあなたのストーリー展開を描くことから始めます。

明日からの投資環境はこうなってああなるから米ドルを売る(あるいは買う)というような、あなただけのストーリー展開を考えていきます。

次に重要なのは為替チャートを調べましょう。

それ以前の為替レートの推移を見極めて、今となっては売り(または買い)するがやりようがないと考えたら、何もせず、そこは吹っ切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です