投資信託の法務と実務第4版

ここでは為替取引についての基本原因に関しての説明をしたいと思います。

FXとはある程度の額の資産を託してその額の最大25倍もの為替を交換することを言います。

為替を判断して売りも買いもどちらでもできるようなわかりやすいやり方になっています。

普段為替の市場というのはほとんど外為について表すケースが大半です。

為替取引というものは※直接的に持ち金の送付をしなくても金銭の受け渡しの目的を為すもの※です。

外国為替証拠金取引(FX)とは二つの国のお金を売り買いしその差し引いた利益を受け取るというような方式なのです。

このように二つの異なる国の通貨の関係で生み出される利益をスワップ金利と呼ぶのです。

こういうFX(外国為替証拠金取引)のスワップポイント(スワップ金利)を獲得することがねらいでFXのトレードをするみなさんもいます。

スワップ金利は業者により違うのでわずかでも儲けが多いFX業者を使いたいですよね。

あまり変わらない銀行の少なめの利息を運用することよりも、外国為替証拠金取引は外交的な資産管理を現実のものとした経済情勢を認識できるものとも言えるでしょう。

外国為替というのは二国間の金の引き換えのことを指します。

時にはしっかりとした状況判断ができなくなる危険があります。

だからあなたの頭の中が冷静な状況で適切に準備をしておくことが大事です。

“この””準備””とは、”とにかくあなただけの脚本を作る事から開始します。

明日からの投資環境はこうだから豪ドルを取引するというような筋書きを書いていきます。

次に大切なのは為替チャートを調べましょう。

これまでのレートの値動きを見つめて、今となってはしかけるのが間に合わないなと感じたならば、この状況では吹っ切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です