投資信託の法務と実務第4版

本日は為替における基礎的内容とは何かについての説明をしたいと思います。

外国為替証拠金取引というのは自分で決めた額のお金を預託して、その額の25倍もの為替をトレードできるもののことを言います。

通貨の値を判別して、売る側と買う側がどちらでも可能な方法になります。

一般的に為替相場というのは主に外国為替を示すという事が多いです。

為替市場を簡潔に言うと※お金の送付をしなくても金銭の受け渡しの意図をクリアするやり取り※なのです。

外国為替証拠金取引(FX)は二つの異なる国の金を売買することによって両方の差額の利益をもらうといったような仕組みとなります。

この二つの貨幣の間で出てくる差額をスワップ金利といいます。

こんなFXのスワップポイントをもらうことが目当てで、外国為替証拠金取引の為替取引をしているみなさんもいます。

スワップポイントは業者それぞれで違うところがあるためわずかでも利益が多いFX業者を使いたいですね。

決まっているそれぞれの銀行のわずかな利子に期待するよりも、外国為替証拠金取引というのは積極的な資産管理を可能にした経済の動きを認識するものであろうと言えます。

国際の為替とはお互いの国の貨幣の交換のことを指します。

往々にして冷静な状況判断ができなくなる恐れが生じる。

その分自身の考え方が冷静な間に準備を進めておくことが大切なのだ。

“この””準備””とは、”とにかく己のストーリー展開を作成する事から手をつけます。

これからのこの通貨はああだから豪ドルを買う(あるいは売る)というように自分で考えた台本を書いていきます。

その次は日足チャートを調べましょう。

それ以前のレートの値動きを見定めてもはや売り(または買い)するが間に合わないなと考えたら、売買しないで、その場面では潔く吹っ切ることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です