投資信託の教科書

本日は為替の市場に関しての基本要素のお話をします。

外国為替証拠金取引(FX)とは自分で決めた額の資金を預けてその金額の25倍もの外国の為替を売買することができることを言います。

金銭の為替を見定めて、売る方と買う方がどちらもできるいたって単純な制度となっています。

為替の市場はあらかた外国為替について示すという事がほとんどです。

為替というのは※自分が持ち金の送金をすることなく資金授受の目標を為すもの※になります。

外国為替証拠金取引(FX)は、両国のお金を売買をして両者の差額を儲けるというような手順となります。

このような二国のお金の中で出る差をスワップ金利といいます。

こういった外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)を取得することが目的で為替の取引を行っている人々もいます。

スワップ金利は、FX業者それぞれで異なってくるためわずかでも利益が多い取引業者を利用したい所ですよね。

固定の銀行のわずかな利子よりも、外国為替証拠金取引はアグレッシブな資産管理を可能にした経済状況を意識させる金融商品だと言っても良いでしょう。

外国為替というのは国同士の金の取引をする事です。

しっかりとした見方が出来なくなる。

危険があります。

それゆえに自らの理性的なうちに適切に準備が必要です。

“この””準備””とは、”あなたの台本を考える事からスタートする。

今後の投資環境は上がる(または下がる)からユーロを取引するみたいな自分で考えた筋書きを書いていきます。

次はローソク足チャートを調べましょう。

それ以前の相場の上げ下げを見極めて、すでにエントリーするのが遅すぎるなと考えたならば、何もしないで、その場面では諦めることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です