投資信託の教科書

この度は為替の市場に関する基本的内容に携わる説明です。

外国為替証拠金取引とは証拠金を託して、そこから最大25倍もの外国の為替をチェンジするやり取りのことを言います。

お金の値打ちを見定めて、売る側も買う側も両方ともできるようになっているシンプルな内容になります。

通常為替の市場というと国際為替のことを指す場合が一般的です。

為替取引を簡潔に説明すると※自分が金銭の送金しない場合でも金銭授受の行為を為すもの※になります。

FX(外国為替証拠金取引)のやり方はお金を売り買いをして両方の通貨の差引額を獲得できるとの流れになります。

こうした二つの国のお金の中で生まれる差額をスワップ金利と呼んでいます。

こんな風にFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)を獲得することがねらいで、FXの為替取引をしている人々も多数います。

スワップポイントは、そのFX業者ごとにも違いがあるためほんの少しでも差益の金額が高いFX業者でやり取りしたいと思いますよね。

ある程度決まった銀行の少ない利息を増やすことよりも、外国為替証拠金取引はポジティブな資産増加を可能にした経済状況を認識する商品であろうと言っても良いでしょう。

外国の為替というのは通貨の引き換えを指します。

状況によっては冷静な判断が出来なくなる不安があります。

それゆえに自らの頭の中が理性的な場面で、正しく準備を進めておくことが大事です。

“””事前準備””とは、”何はともあれ己の物語を作成する事から行います。

将来の相場はこうなってああなるから、ユーロを取引するというように、物語を描いていきます。

次に大切なのは日足チャートをチェックする事です。

それ以前のレートの上がり下がり調べてもはや売り(または買い)するが間に合わないなと思ったら何もせず、そこは諦めることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です