投資信託の教科書

本日は為替市場に関する本質的要因についてのお話をしたいと思います。

FX(外国為替証拠金取引)というのはいくらかの証拠金を託して25倍もの国際為替を交換できる取引のことを言います。

貨幣の相場を判別して売る側と買う側がどちらもできるような簡単なルールになっています。

普段為替相場というものは主に国際為替について言っているという場合が一般的です。

為替とは※目の前で金銭の送付をしなくても金銭の受け渡しの目標を為すやり取り※を示します。

外国為替証拠金取引とは二国の金を売り買いをして差額を得るといった仕組みなのです。

こうした二つの国の貨幣の間で発生する差額をスワップ金利と呼びます。

こういう外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)を取得することをねらって、FXの取引を行っている人々も多いです。

スワップポイントは、FX業者ごとで違う点があるので少しでも儲けが多い業者でトレードしたいと思いますよね。

固定の銀行預金の高くない利子よりも、FX(外国為替証拠金取引)は外交的な資産の増加を現実のものとした経済の動きを意識するものであると言えるでしょう。

外国為替といえば両国のマネーの取り替えを示します。

ちゃんとした判断を下せなくなるリスクを負います。

そのためにあなたのメンタルが理性的なうちに、適切に準備が不可欠です。

“その””準備””とは、”最初は自分なりの筋書きを作成する事からスタートします。

この先のあの通貨はこうなってああなるから、ユーロを買う(あるいは売る)というように、自分で考えた筋書きを書いていきます。

次に重要なのは時間足チャートをチェックしましょう。

これまでのマーケットの上げ下げを見つめて、すでに売り(または買い)するがなすすべがないと考えたら何もしないで、その状況ではすっぱりと吹っ切ることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です