投資信託の教科書

今回は為替市場に関しての基本的理由についてのお話をしたいと思います。

外国為替証拠金取引というのは証拠金を預けて、その額から最大25倍までの国際の為替を交換することができるやり取りのことを言います。

値打ちを見分けて、売る方も買う方もどちらもできるような単純な制度です。

よく為替相場というとほとんど国際為替のことを表すケースがほとんどです。

為替の市場というものは※目の前で現金の送らないでもお金の受け渡しの目標を遂げること※です。

FX(外国為替証拠金取引)では二種類の金を交換して両方の差引額を獲得するといったような仕組みとなります。

この二つの異なる国の金の中で出てくる儲けをスワップ金利といっています。

この外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイントを取得することをねらいに外国為替証拠金取引(FX)の取引を行っている方もいます。

スワップポイントはFX業者ごとで違いがあるのでほんの少しでもスワップ金利が高い業者を使いたいですよね。

固定化された銀行預金の高くない利息を貯めるよりも、外国為替証拠金取引というのは積極的な資産の運用を可能にした経済の変動を認識するものであるとも言えるでしょう。

外国為替を簡潔に説明すると二つの国の金銭の換金をする事です。

時々適切な判断が分からなくなるリスクがあります。

そのために自身の考え方が論理的なうちにしっかりと事前準備が重要です。

“その””準備””のためには”自らのストーリー展開を作る事から行います。

将来の相場は上がる(または下がる)から、この外貨をエントリーするというような、筋書きを書いていきます。

その次は時間足チャートを確認しましょう。

以前のマーケットの上げ下げをチェックしてエントリーするのが遅すぎるなと思ったならば、ここは潔くあきらめることか不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です