投資信託の教科書

ここは為替における本質的原因のお話です。

FXとはいくらかの担保を預託してその額の最大25倍までの外国の為替を売買できることになります。

為替相場を見極めて売りと買いがどちらもできる方法です。

概ね為替の市場というとおおかた国際為替のことを言うという人が多いです。

為替を簡潔に言うと※自分で金の送金をすることなく金銭のやり取りの行為を為し遂げるもの※になります。

外国為替証拠金取引(FX)では貨幣を売り買いすることにより二国の通貨の差額の利益をもらえるといった手順なのです。

このような二種類の貨幣の関係で生み出される差額をスワップ金利と呼ぶのです。

このような外国為替証拠金取引のスワップ金利(スワップポイント)を獲得することを目当てに、FX(外国為替証拠金取引)のトレードをやっている方もいます。

スワップ金利は取引するFX業者ごとに違いがあるためできるだけ高い取引業者を使いたいですね。

固定の銀行預金の少しの利子に頼るよりも、外国為替証拠金取引というのは熱心な資産の運用を現実にする経済情勢を認識させるものであると言えるでしょう。

外国為替とは国同士のマネーの引き換えのことを指します。

重要な時に真っ当な状況判断ができなくなる危険があります。

その分自分自身の考え方が合理的な状況できちっと事前準備をしておくことが不可欠です。

“””事前準備””とは、”自分だけのストーリー展開を記す事から手をつけます。

未来のこの通貨は下がる(または上がる)からユーロを売る(あるいは買う)というように、自分なりのストーリー展開を考えていきます。

次に重要なのは日足チャートをチェックしよう。

これまでの為替相場の上がり下がり見つめてもう取引するのが手遅れだなと感じたら、エントリーしないで、ここはすっぱりと吹っ切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です