投資信託の教科書

ここでは為替の市場というものの基礎的要素に携わるエピソードです。

外国為替証拠金取引(FX)とはある程度の額の資産を渡して、その額から最大25倍もの外国為替を取り替えすることができるやり取りを言います。

金銭の値を見極めて、売る方も買う方も両方できるようになっている仕組みになります。

普通為替の市場とは国際の為替を示すという場合が多いのです。

為替相場というものは※人の手で現金の送付をしなくても金銭のやり取りの望みを成し遂げる取引※を指します。

外国為替証拠金取引というものは二種類の金を交換して両方の差益を儲けられるといったようなやり方です。

この二つの異なる国の貨幣の関係で作り出される利益をスワップ金利と呼ぶのです。

こうした外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)を得ることが目的で、FX(外国為替証拠金取引)の取引をしている方もいるのです。

スワップ金利は、取引するFX業者ごとに違う点があるためちょっとでも差益の金額が高い取引業者でやり取りしたいですね。

固定化されたそれぞれの銀行の高くない利子を増やすことよりも、FXは熱心な資産増加を可能にする経済の動きを意識させる金融商品であるとも言っても良いでしょう。

外国の為替というものは二つの国のお金の取引をする事です。

時としてしっかりとした見方が出来なくなる。

危険があります。

それゆえに自分自身の頭が論理的な場面で適切に準備が大事です。

“その””準備””とは、”はじめはストーリー展開を描くことから手をつけます。

投資状況は下がる(または上がる)から、円を勝負するといった、自分だけのシナリオを立てていくのだ。

次に大事なのはチャートを確認しましょう。

市場の上げ下げを見てすでに売買するのが手遅れだなと感じたならば、エントリーしないで、そこはすっぱりとあきらめることか重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です