投資信託の教科書

今日は為替取引の本質的事柄についての話題です。

FX(外国為替証拠金取引)というのは自分で決めた金額を託して、最大25倍までの外為をトレードできるやり取りのことを指します。

通貨の値を見極めて、売る側も買う側も両方ともできるようになっているいたって明快な仕組みなのです。

普通為替取引というのはあらかた外国為替について言っているケースがほとんどです。

為替相場というのは※持ち金の送金をしなくても資金のやり取りの目的をクリアすること※です。

FXというものは二種類の通貨を売り買いをしてそれら通貨の差引額を受け取れるという仕組みになります。

こういった二種類のお金の中で作り出される差益金額をスワップ金利といっています。

こんな風に外国為替証拠金取引のスワップ金利を得ることがねらいで、外国為替証拠金取引(FX)の為替の取引をしているみなさんもいるのです。

スワップ金利は取引業者ごとにも違いがあるためほんのわずかでも高いFX業者を使いたいものですよね。

決められた銀行預金の少ない利息を運用することを考えるよりも、外国為替証拠金取引(FX)はポジティブな資産の運用を現実のものとした経済の変動を意識できる商品と言えるでしょう。

外国の為替とは両国の金銭のやり取りのことを言います。

時には適切な見方が出来なくなる。

リスクを負います。

だからこそ自分自身の頭が冷静な間に間違いない準備が大事です。

“この””準備””とは、”最初は自分の脚本を考える事からスタートする。

これからの市場はああだから、NZドルを勝負するみたいに、自分で考えた物語を描いていきます。

次に重要なのは時間足チャートをチェックしよう。

それ以前のマーケットの推移を調べてもはや買い(または売り)するのがやりようがないと感じたならば何もしないで、この場面ではすっぱりと吹っ切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です