投資信託の教科書

今回は為替における本質的事柄に関するお話です。

FX(外国為替証拠金取引)というのはいくらかの資産を預けてその金額の最大25倍までの国際為替を取り替えすることができることのことを指します。

通貨の価値を見分けて売る方も買う方もどちらでも可能になっている取引しやすいルールとなっています。

普段為替の市場とはほとんど外国の為替のことを指す人が普通です。

為替とは※目の前で持ち金の送金をしなくてもお金のやり取りの意図を達成すること※なのです。

外国為替証拠金取引(FX)というものは、両国の貨幣を取引することにより差額をもらえるとの方策になります。

両国の通貨の間で出てくる儲けをスワップ金利といいます。

こんな風な外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利で儲けることが目当てで、FXのトレードを行っている人も多数います。

スワップ金利は、業者それぞれに違う点があるのでちょっとでも儲けが多い業者でやり取りしたいものですよね。

ある程度決まったそれぞれの銀行の低い利息を増やすことを考えるよりも、FXとはアグレッシブな資産の増加を可能にする経済の変動を認識させるものだと言えます。

外国の為替を簡潔にいうと二国間の金の取引を行う事です。

重要な時に冷静な見方が出来なくなる。

危険があります。

そのために自分自身の考え方が理性的な場面で、正しく準備をしておくことが大切です。

“その””準備””とは、”はじめは自分だけの物語を描くことから手をつけます。

この通貨は下がる(または上がる)から、米ドルを買う(あるいは売る)みたいな、自らの物語を描いていきます。

その次は日足チャートを確認しましょう。

これまでのレートの上下動をチェックして、今さらエントリーするのが手遅れだなと考えたならば、売買しないで、それは潔く割り切ることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です