投資信託の基本としくみ

本日は為替相場におけるベーシックな要因についてのお話をします。

FXというのはある程度の資産を預けてその25倍もの外国為替を取り替えすることを指します。

お金の価値を見定めて、売る方と買う方がどちらでもできるシンプルな仕組みです。

日常的に為替市場とはあらかた国際の為替を示すという人がほとんどです。

為替の市場を簡潔に言うと※直接金銭の送金しない場合でも金銭のやり取りの趣旨をクリアするやり取り※を指します。

外国為替証拠金取引は、両国のお金を交換することで両方の差し引きした利益をもらうとの手順となります。

このような二つの金の関係で生まれる差益の金額をスワップ金利と呼びます。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイントを得ることを目当てに、FXの取引をしている方々もいるらしいです。

スワップ金利は、取引するFX業者ごとに違いがあるのでできるだけ儲けが多い業者でやり取りしたいですよね。

あまり変わらないそれぞれの銀行の少ししかない利息を運用することを考えるよりも、FX(外国為替証拠金取引)とはポジティブな資産の増加を可能にする経済の変動を認識せざるを得ない商品であると言えるでしょう。

外為というものは金銭の引き換えのことです。

時として真っ当な判断が分からなくなる可能性があります。

そのために考え方が論理的なうちに、準備する事が大切です。

“その””準備””とは、”はじめは己の台本を描くことから始めます。

これからのマーケットは下がる(または上がる)からNZドルをエントリーするというふうにあなただけの台本を書いていきます。

次に大事なのは日足チャートをチェックしましょう。

相場の上下をチェックして、すでに買い(または売り)するのが遅いと思ったら手を出さないで、諦めることが肝心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です