投資信託の基本としくみ

為替市場に関する基本要素の説明です。

FX(外国為替証拠金取引)とは資金を預託してその25倍もの外国の為替を取り替えすることができるやり取りのことです。

お金の価値をジャッジして、売りも買いもどちらでもできるようなわかりやすい仕組みとなっています。

普段為替の市場といえば主に外為について指す場合が多いのです。

為替の市場というものは※金の送らない場合でも資金のやり取りの目的を為し遂げる取引※です。

FXとは二種類の貨幣を売り買いすることによりその差し引いた利益を獲得するとの手順です。

こうした二種類の貨幣の間で発生する差益金額をスワップ金利と呼ぶのです。

このようにFXのスワップ金利(スワップポイント)の獲得が目当てでFX(外国為替証拠金取引)の為替取引を行っている方もいます。

スワップポイントは、取引業者により違ってくるのでほんの少しでもスワップポイントが高い取引業者で取引したいものですよね。

各銀行の少しばかりの利子を運用することを考えるよりも、FX(外国為替証拠金取引)とはポジティブな資産の管理を現実にした景気を意識させる金融商品であると言えます。

国際の為替を簡潔にいうと国と国の金のやり取りを行う事です。

肝心な時にちゃんとした判断を下せなくなるリスクがあります。

その分考え方が客観的な状況で、間違いない準備を進めておくことが大事です。

“その””準備””とは、”始めにあなたのシナリオを考える事から開始します。

この先の市場は下がる(または上がる)から、円を売買するというような、自分の物語を描いていきます。

次にローソク足チャートを見ましょう。

以前のマーケットの上がり下がり見定めて、今はもう売り(または買い)するがやりようがないと思ったならば、売買しないで、諦めることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です