投資信託の基本としくみ

今日は為替市場における基本的要素についてのお話です。

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった金額の証拠金を預け入れてその金額から最大25倍まで国際の為替を売り買いすることができる取引のことを指します。

金銭の為替を見定めて売りと買いがどっちもできるようないたって単純なやり方です。

概ね為替とはほとんど外国為替を言い表すというケースが大半です。

為替取引とは※目の前でお金の送金をすることなく金銭の受け渡しの意図をクリアするもの※を指します。

FX(外国為替証拠金取引)では通貨を売り買いすることにより両方の通貨の差し引いた利益を受け取るというやり方なのです。

このように二つの国の貨幣の関係で生み出される差額をスワップ金利と呼びます。

こうしたFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利の取得をねらいに、外国為替証拠金取引(FX)の為替の取引をする人々も多数います。

スワップ金利は取引業者により違うので少しでもスワップポイントが高い取引業者でやり取りしたい所ですよね。

ある程度決まった各銀行の低い利息を運用することを考えるよりも、外国為替証拠金取引(FX)は外交的な資産の増加を現実のものとする経済動向を意識せざるを得ない金融商品であるとも言っても良いでしょう。

国際為替というものは二つの国の貨幣の取り替えを示します。

時には真っ当な判断が分からなくなるリスクがあります。

そのために自らのメンタルが落ち着いている場面で、間違いない事前準備が大切です。

“その””準備””とは、”自分だけのストーリー展開を考える事からスタートする。

明日からの市場はこうなってああなるから、豪ドルを売る(あるいは買う)といった、自分で考えた筋書きを書いていきます。

次にチャートをチェックする事です。

今までの相場の上がり下がり確認して、しかけるのがやりようがないと思っていたら、何もしないで、潔く吹っ切ることが不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です