投資信託のしくみ

ここは為替相場に関しての基礎的要素のお話です。

FX(外国為替証拠金取引)とは決まった額の資産を渡して、その金額の最大25倍もの為替をトレードすることを指します。

通貨の値打ちをジャッジして、売りと買いが両方ともできるような簡単な方法となっています。

通常為替の市場はあらかた国際為替について指す場合が一般的です。

為替取引は※人の手で金銭の送らないでも資金授受の目的を成し遂げるやり取り※です。

外国為替証拠金取引では通貨を売り買いしてその二つの差益を儲けるというような方策になります。

こういった二国のお金の関係で発生する利益をスワップ金利と呼びます。

この外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)の獲得を目当てに、FXの為替トレードをやっている人もいます。

スワップ金利は、FX業者ごとにも違うところがあるのでわずかでも差益金額が高い業者でやり取りしたい所ですよね。

あまり変わらない各銀行の低い利子を増やすことを考えるよりも、外国為替証拠金取引は積極的な資産の運用を現実のものとする経済情勢を意識せざるを得ない金融商品であろうと言えます。

国際為替とは二国間の金の取り替えをする事です。

往々にしてちゃんとした考え方が出来なくなる。

可能性があります。

だからこそ自身の考え方が客観的な場面で、きちっと事前準備をしておくことが大事です。

“””準備””のためには、”何はともあれ自分の台本を記す事から手をつけます。

マーケットはこうなるだろうから、豪ドルを売る(あるいは買う)みたいに、あなただけの台本を書いていきます。

次に重要なのはチャートをチェックしましょう。

それ以前の相場の上下動を確認して、もう買い(または売り)するのがやりようがないと感じたならば、仕かけないで、その状況では潔く割り切ることが不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です