投資信託のしくみ

今回は為替取引についての本質的要素とは何かについてのエピソードです。

外国為替証拠金取引というのは自分で決めた額の資産を預託して、その最大25倍もの外為を売買可能なものを指します。

貨幣の為替を判別して、売る方も買う方も両方ともやれる仕組みになっています。

普段為替はほとんど外為について言い表すというケースが一般的です。

為替の市場というのは※目の前で持ち金の送らない場合でも資金の受け渡しの趣旨を為し遂げるもの※です。

FX(外国為替証拠金取引)のやり方は、二つの異なる国の金をトレードすることによりそれら通貨の差し引きした利益を得るという手順なのです。

このような二つの貨幣の関係で作り出される儲けをスワップ金利をいうのです。

こんな風にFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)を獲得することを目的に外国為替証拠金取引のトレードをする人も多数います。

スワップポイントは、業者それぞれに違いがあるので少しでも高い業者でやり取りしたいと思いますよね。

銀行の少ししかない利息を増やすことよりも、FX(外国為替証拠金取引)とは積極的な資産の増加を可能にする経済状況を認識できるものだと言えるでしょう。

外国の為替を簡潔にいうと国同士の金銭の換金のことです。

往々にして正しい考え方が出来なくなる。

恐れが生じる。

だからあなたの頭が理性的な場面できちっと事前準備をしておくことが大切なのだ。

“””事前準備””とは、”己のシナリオを作成する事から開始します。

明日からのあの通貨は下がる(または上がる)から、米ドルを勝負するというふうに、自分なりのシナリオを立てていくのだ。

次に重要なのは時間足チャートを確認しましょう。

過去のレートの上げ下げを見つめて、今となっては買い(または売り)するのが遅いと思ったならば、売買しないで、ここは潔くあきらめることか重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です