投資信託のしくみ

本日は為替の市場における基本的理由に関するお話をします。

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった金額のお金を預託して、そこから最大25倍までの外国為替を売り買いできるやり取りを指します。

為替を見極めて売りも買いも両方できるようないたって単純なやり方になります。

通常為替といえばおおかた外国の為替のことを示す場合が多いです。

為替市場とは※自分で現金の送付をしなくても資金の受け渡しの望みをクリアするもの※になります。

外国為替証拠金取引(FX)とは二種類の貨幣をやり取りしその差益を受け取るといった流れになります。

こういった二種類の通貨の間で生み出される差益金額をスワップ金利をいうのです。

このようにFXのスワップ金利(スワップポイント)の取得をねらって、FX(外国為替証拠金取引)の為替取引をしている人々もいるのです。

スワップポイントは、そのFX業者ごとで違ってくるのでできるだけスワップポイントが高いFX業者でトレードしたいと思いますよね。

各銀行の少なめの利息を貯めるよりも、FXは外交的な資産管理を実現できる経済動向を認識するものであるとも言えるでしょう。

国際の為替というのは両国のお金のやり取りをする事です。

時々冷静な考え方が出来なくなる。

リスクがあります。

それだけに自分自身の合理的な状況で事前準備が必要です。

“この””j事前準備””のためには、”何はともあれ自分だけのシナリオを記す事から行います。

この先の為替相場はこうだから、この通貨を売買するといった、自分なりの台本を書いていきます。

次に重要なのは時間足チャートを調べましょう。

それまでの相場の推移を見極めて、今さら買い(または売り)するのが間に合わないなと思っていたら何もしないで、その場面ではきっぱりと諦めることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です