投資信託のしくみ

ここでは為替の市場に関しての基礎的事柄についての話題です。

外国為替証拠金取引(FX)とは決まった額の金額を預けて、25倍もの為替を売り買いするやり取りを指します。

通貨の為替相場を見極めて売りも買いもどちらもやれる明快なルールとなっています。

普通為替相場とはあらかた外国の為替について表すというケースが多いです。

為替相場とは何かというと※目の前で現金の送らない場合でもお金の受け渡しの望みを果たすやり取り※になります。

外国為替証拠金取引のやり方は、二つの国の通貨を売買をして両方の通貨の差し引いた利益を儲けるというような方式です。

二国の通貨の間で発生する差益の金額をスワップ金利といっています。

こんな外国為替証拠金取引のスワップポイント(スワップ金利)で儲けることがねらいで、外国為替証拠金取引(FX)のトレードを行っている人々も多いです。

スワップ金利はFX業者により違いがあるのでほんの少しでも高い業者でトレードしたい所ですよね。

固定の各銀行の少ししかない利息を増やすことを考えるよりも、FX(外国為替証拠金取引)は積極的な資産運用を現実にする景気を認識せざるを得ない商品であると言えます。

外国為替を簡潔に説明するとお互いの国のお金の取り替えのことを示します。

時として真っ当な状況判断ができなくなるリスクを負います。

それだけに自らの考え方が理性的な間に、ちゃんとした準備する事が大切なのだ。

“””準備””のためには、”まずは自分のストーリー展開を作成する事から行います。

これからのマーケットはああだから、ユーロを売る(あるいは買う)というような自らのストーリー展開を考えていきます。

次に大事なのは時間足チャートを見ましょう。

それまでの為替相場の上げ下げを見て今はもう買い(または売り)するのが手遅れだなと考えたならば、何もせず、そこのところはきっぱりと吹っ切ることが肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です