投資信託の〇と×

今回は為替市場についてのベーシックな要素に関する説明です。

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった金額のお金を渡してその額の最大25倍までの外国の為替を交換する取引のことです。

貨幣の相場を見極めて、売る側と買う側がどっちも可能な取引しやすい制度です。

概ね為替相場というものは主に外国の為替を示す場合が多いのです。

為替相場を簡潔に説明すると※直にお金の送付をしない場合でもお金のやり取りの行為を為すやり取り※です。

FX(外国為替証拠金取引)というものは、二つの国の通貨をトレードし二国の通貨の差額を得られるといった方策になります。

このように二つの国の通貨の間で生み出される差益金額をスワップ金利といっています。

こんな外国為替証拠金取引のスワップ金利(スワップポイント)の獲得をねらいに、FXの為替の取引をやっている方々もいるらしいです。

スワップポイントは、FX業者それぞれに違ってくるのでできるだけスワップポイントが高い取引業者で取引したいものですね。

固定された各銀行の少しの利子に頼るよりも、FX(外国為替証拠金取引)というのは外交的な資産増加を現実にする経済を認識せざるを得ない金融商品であろうと言えるでしょう。

外為を簡潔にいうと両国の金の引き換えのことを言います。

肝心な時に冷静な見方が出来なくなる。

危険があります。

それゆえに己の考え方が客観的な場面でしっかりと準備を進めておくことが必要です。

“””準備””のためには、”とにかく自分なりの脚本を作成する事から行います。

将来のこの通貨は下がる(または上がる)からNZドルを売る(あるいは買う)みたいな、自分の筋書きを書いていきます。

次に時間足チャートを見ましょう。

レートの上がり下がり確認して、今はもう売り(または買い)するがやりようがないと感じたならば何もしないで、そこのところはすっぱりと諦めることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です