投資信託にだまされるな

今回は為替の市場に関する根本的内容に関しての説明をします。

FX(外国為替証拠金取引)とはある程度の資産を託して、その額の25倍もの外国の為替を交換することができることのことです。

為替相場を判別して、売る側も買う側もどちらもできるようになっているわかりやすい内容です。

よく為替の市場というものはほとんど外為を指すという人が普通です。

為替というのは※目の前で持ち金の送金をなすことなくお金のやり取りの意図を為す取引※を示します。

外国為替証拠金取引(FX)というのは二つの国の金をトレードすることにより両者の差益を獲得するという方法となります。

このような二国のお金の中で発生する差益金額をスワップ金利と呼ぶのです。

こういった外国為替証拠金取引のスワップポイント(スワップ金利)の獲得がねらいでFXのトレードをする人たちも多いです。

スワップ金利はそのFX業者によっても違う点があるのでちょっとでもスワップポイントが高い取引業者でやり取りしたい所です。

固定された銀行の低い利子を運用することを考えるよりも、外国為替証拠金取引(FX)はアグレッシブな資産の運用を現実のものとする経済を意識させる金融商品であるとも言っても良いでしょう。

国際の為替は二国間のマネーの換金をする事です。

状況によっては冷静な見方がわからなくなるリスクを負います。

それゆえに自分自身の頭が合理的な段階できちっと事前準備が大切です。

“この””j事前準備””のためには、”始めに自分なりのストーリー展開を書くことから手をつけます。

今後のマーケットは上がる(または下がる)からユーロをエントリーするみたいな自分だけの筋書きを書いていきます。

次に為替チャートをチェックしましょう。

過去の為替相場の上下動を見極めて、もはや売り(または買い)するが間に合わないなと感じたら、手を出さないで、ここは割り切ることが肝心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です