投資信託にだまされるな

今日は為替相場というもののベーシックな内容に関する説明をします。

FXというのは決まった額の資金を預けて、その最大25倍もの為替を売り買いすることができるもののことを言います。

通貨の相場を判断して売る側と買う側がどっちでも可能になっているやり方となっています。

日常的に為替の市場というとあらかた外国為替のことを言うという事が多いのです。

為替取引とは何かというと※自分が現金の送金しない場合でも金銭のやり取りの趣旨を実現するもの※なのです。

FX(外国為替証拠金取引)というのは、貨幣を交換をして両者の差益を儲けられるとの方法となります。

このような二国の貨幣の関係で出る利益をスワップ金利といいます。

この外国為替証拠金取引のスワップ金利を得ることがねらいでトレードを行っている方々もいます。

スワップ金利はそのFX業者それぞれで違いがあるので可能な限りスワップ金利が高い業者を利用したいものですね。

固定の各銀行の低い利息に期待するよりも、外国為替証拠金取引はアグレッシブな資産管理を現実にする経済情勢を認識できる金融商品だと言えるでしょう。

国際の為替を簡潔にいうと両国のお金の取引を行う事です。

重要な時にしっかりとした状況がわからなくなる危険があります。

その分自分の頭の中が客観的な状況で、間違いない事前準備をしておくことが大切です。

“この””j事前準備””のためには、”何はともあれあなたの物語を記す事から始めます。

この先のマーケットはこうなるだろうからランドを勝負するというような、自分だけの筋書きを書いていきます。

次にローソク足チャートを調べましょう。

それ以前の為替相場の推移を確認して売り(または買い)するがなすすべがないと思っていたら、仕かけないで、その場面では潔く諦めることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です