投資信託にだまされるな

今回は為替取引の基礎的事柄に関するお話をしたいと思います。

外国為替証拠金取引とは金額を渡して、最大25倍まで外為を取り替えすることができるやり取りのことを言います。

貨幣の価値を見定めて売る側も買う側もどっちもできるようないたって明快なやり方となっています。

よく為替の市場といえば大体国際の為替を言う場合が普通です。

為替というものは※自分が現金の送らない場合でも金銭のやり取りの目的を遂げる取引※になります。

FXとは、両国のお金を売り買いすることにより差し引きした利益を獲得できるというようなやり方になります。

こういった両国の金の中で出てくる差額をスワップ金利といっています。

こういうFXのスワップポイント(スワップ金利)を獲得することがねらいで、為替トレードをする方もたくさんいるようです。

スワップ金利はそのFX業者ごとにも違いがあるためちょっとでも差益の金額が高い取引業者を利用したいと思いますよね。

あまり変動しないそれぞれの銀行の高くない利息を増やすことよりも、FX(外国為替証拠金取引)というのは外交的な資産増加を現実のものとする経済状況を意識する金融商品とも言っても良いでしょう。

国際為替とは二つの国の金銭の取引のことを言います。

状況によっては冷静な判断を下せなくなるリスクを負います。

その分自らの頭が客観的な状況で、きちっと事前準備をしておくことが必要です。

“””準備””のためには、”まずは自分なりの筋書きを考える事から行います。

この通貨はこうなるだろうから、この通貨を売る(あるいは買う)みたいに、自分の物語を描いていきます。

次は日足チャートを確認しましょう。

市場の動きを確認して、もう売買するのが手遅れだなと思ったならば、エントリーしないで、それは潔くあきらめることか必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です